スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

義父さんシリーズ - おまけ

義父さんが亡くなる前日、義父さんはいつものリオのセントロの病院に行ってました。
以前にちょっと話した心のケアの先生のところです。→義父さんシリーズ-病院の巻

2月頃だったかな。。。
義父さんが家から歩いて2、3分の湖まで散歩したいと言い出しました。
先生もよく「エリオさん、頑張って歩こう!お散歩して!」と
アドバイスされていたそうです。


よし!じゃあ、行こう!と4人で家を出たのですが、家を出てすぐ
義父さんは座り込んでしまい、「もう歩けない。。。」と。
結局そのときは行けませんでした。


その話をしたかどうか定かではありませんが、たぶん、外に行けるように
車いすを借りてきたのです。



でも、その次の日に亡くなってしまったので、一度も使いませんでした。



そして、亡くなってからしばらくして、セントロに行く用事があり、
病院に寄って、車いすを返却に行ったときのことです。

病院の門でいつもガードマンに「○○科の診察で」と言って、入れてもらって
たのですが、その日は「車いすの返却で」と言いました。

そうしたら、突然、ガードマンが何か言いながら、ニコニコ笑顔で
ペドロに握手を求めてきて。。。

「はぁ?何?どうしたの?」 と聞くと、

「車いす返却しに来たのが嬉しいみたい。」 だって。

え?それって普通じゃないの?
あ゛ーーー、すみませんまた「普通」と言ってしまいました。

みんな、使わなくなったとき、車いすなんてどうするんでしょう?
それに、それは病院の物だし!必要としてる人にちゃんと使ってもらうべき!
と思うんですが。。。だって、そうでしょ?


そして、担当の先生のところに返却に行くと、ペドロの心のケアとして、
そのとき診察(?というのかわかりませんが)でいろいろとお話して下さったそうです。
先生はそのあとも、それまで毎週金曜日、PCのTV電話で義父さんとお話して下さった
ように、つづけて、ペドロに連絡して下さるのでした。
なんて温かい。。。


これが、ブラジルの通常のやり方なんでしょうかね。。。?


応援クリックお願い致します。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


義父さん | コメント:(6) | トラックバック:(0)2011/07/17(日)10:55

コメント:

リオのセントロの病院は公立ですよね。前の病院の巻きで見た時、親切な対応に感動して、主人に話しました。(私の中では公立病院サービス悪いしトイレが汚いというイメージが強かったので) そうしたら、そこの病院のトップの人が、ちゃんとやる人だったら、良い病院になる。と言ってました。だからpattinhaさんの義父さんのところの病院はとても良心的なトップの人なんでしょうね。そういう病院があるなんてうらやましいです。

2011/07/17(日)11:16| URL | りんりん #- [ 編集]

心のケアまで!?

 ブラジルの方が日本よりも優れていると思うことの一つが病院です。(賛否両論あると思いますが)
 病院に通院した患者さんだけでなく、その家族に対しても心のケアをしてくれるなんてすごいですね!!

2011/07/17(日)23:42| URL | picaflor #- [ 編集]

こんにちは
前に、コメントして頂いたDINHAです。

車椅子返して握手されるって・・・確かに えぇ?ですよね!
私も毎日、「普通」という概念が自分から消えていっています。

それにしても、皆がコメントされてるように、
このリオの病院素晴らしいんですね!
心のケアをしてくれるのは本当に嬉しいことです。

2011/07/19(火)19:34| URL | AYAKA #fENxEde2 [ 編集]

picaflorさん、Boa noite!

picaflorさん、コメントありがとうございますe-466

そうなんですよ、家族の心のケアもしてくれるなんて、すごいですよね。
私はブラジルの公立の病院はあまりいいイメージを持っていなくて、病院でケンカしたこともあったんですv-412いやいや、この病院じゃないですけどね。だから、先生方の熱心な対応に本当に感心するやら、感動するやらe-446
ブラジル人って元々優しくて心の熱い人が多いから、特に病院なんかは、それをうまく仕事に生かせたら本当にいい仕事ができると思うんですよね。
先生方には本当に感謝してます。

Pattinhav-521

2011/07/20(水)10:58| URL | Pattinha #- [ 編集]

りんりんさん、Boa Noite!

私も地元のMaricáの病院で看護士の対応の悪さにブチ切れて、ケンカしたことありますv-412
なので、あまりいいイメージを持っていなかったんですが、この病院は素晴らしかったですe-257リオのセントロの大きな病院です。病院のトップの人がきちんとやったら、そうなるんですね、ブラジルも。
この病院の中を歩いたときに、創設者の銅像が飾られてました。
建物は古くて、やっぱり、日本感覚のきれい!とは言えませんが、でも、スタッフの気持ちがいちばんですよね。

Pattinhav-521

2011/07/20(水)11:08| URL | Pattinha #- [ 編集]

DiNhaさん、Boa Noite!

DiNhaさん、コメントありがとうございますe-466

車いす、びっくりしますよねー。返却は普通(笑)ですよねーv-411
私はいつも「普通さー」と文句言う、口うるさいおばちゃんになっちゃってます。ははは

やっぱり、このリオの病院は他とは違いますよね。治療から見たら「なんで○○やってくれなかったの?日本ならやってるのに」ということがいくつもあるけれど、心のケアは素晴らしかったです。悲しいけど、やっぱり、こういうのはタダだから、お金がかかることではなく、タダでできる限りのことをするってことなんでしょうかね。。。?いろいろ考えちゃいました。

Pattinhav-521

2011/07/20(水)11:44| URL | Pattinha #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »


プロフィール

Pattinha

Author:Pattinha
2010年8月、ブラジルへやってきました。カリオカの夫と5歳の娘とリオデジャネイロ州マリカ市に滞在中。
子供のころのあだながアヒルだから、Pattinha♡
口がアヒルみたいって。。。
ふん、ほっとけ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Flag counter

free counters

FC2カウンター

アクセスカウンター

オンラインカウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。