スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ブラジル生活

Tia Sueliの住んでるCaxiasは、リオデジャネイロのセントロから車で40分ほど。
家の近所は、住宅地として開発が進みつつある(ということは、まだ開発途中)
所なんだろうなーと感じました。最初の印象は「西部劇」の世界に来た気分でした。
こんなのが普通に走ってるし。。。
 ↓
CIMG1729_convert_20110521105747.jpg



日本でいう商店街(あえて、ショッピングエリアとは言わない)のようなところの印象は、
「インド」でした。行ったことないんだけどね。煉瓦むき出しの店や家がひしめきあい、
車のクラクション、バスの音、人々の話す声、車にとりつけられたスピーカーから
スーパーなどの宣伝の音楽と売り込みの声、さらに、この頃は大統領選挙前で
選挙活動が活発だったので、これまた、車についたスピーカーから、音楽と
応援活動の声。。。
私にとっては、どれもが爆音で、自分も大きな声で話さないとならないし、
ポルトガル語がほとんどわからないので、一層雑音に聞こえました。
その後も、リオデジャネイロのどこに行っても、「うるさーーーい!」って思うことが
よくあり、今は慣れてきたけど、慣れるまでは結構苦痛でした。

そして、何よりもまず苦痛と思ったのが、シャワーとトイレ。 
シャワーは、お湯の出があまりよくありません。日本の家庭のシャワーの半分くらい
かな。。。温度の設定も、熱い、ぬるい、水しか選択がありません。
トイレは、使い終わったペーパーは流さずに、ゴミ箱に捨てます。これ、私は結構抵抗ありました。
Tia Sueliの家のトイレはきれいだったから、よかったんだけど、外出先でトイレに行くと、
まず90%は汚いと思った方がいいです。鍵がない、紙がないなんて普通です。
それどころか、便座がなくて、便器だけ!なんてところもありますから。
なので、ポケットティッシュは必ず持参です。


リオのセントロ辺りまで行くと、街中がきちんと清掃されてきれいな所が多いけど、
ちょっと庶民的な地域に来ると、ゴミが散乱してるし、大人でも子供でも
何も考えずにゴミをぽいっと捨てるし、トイレを見てもそう。
トイレは、掃除する方も使う方も汚くていいんだと思ってるんだろうな。。。
典型的日本人で、子供ができてから、さらに保守的になった私にとっては、
眉間にシワがよってしまうようなカルチャーショックの連続で、これらのことが
ホームシックの始まりなのでした。。。


応援クリックお願い致します。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


感じたこと | コメント:(0) | トラックバック:(0)2011/05/21(土)12:17

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »


プロフィール

Pattinha

Author:Pattinha
2010年8月、ブラジルへやってきました。カリオカの夫と5歳の娘とリオデジャネイロ州マリカ市に滞在中。
子供のころのあだながアヒルだから、Pattinha♡
口がアヒルみたいって。。。
ふん、ほっとけ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Flag counter

free counters

FC2カウンター

アクセスカウンター

オンラインカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。