スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ホームシックとの戦い

今はずいぶん楽になったんですけど、私、ずっとホームシックだったんです。
悩んだこと、どうして楽になったかことなんかを話したいと思います。


私は昨年8月、リオデジャネイロに来てすぐホームシックにかかりました
最初はブラジルの生活が思ったよりも不便ということからでした。
それに、私自身、年をとって子供もできて守りに入ってしまったと
いうのもあります。。。そう。守りに入ったから、ガチガチの日本常識に
ブラジルをはめこもうとしたんでしょうね。
今思えば、ちゃんちゃらおかしいんですが、これでも、私は僻地でない
普通に人が住んでいるところであれば、海外どこでも何とかやっていける
人間だと思ってました。


日本では普通のことは、ブラジルでは普通でない・・・
独特なブラジル時間に翻弄され、ブラジル人の自由奔放さにイライラし、
こんなところでグロリーニャが育って、きちんとした人間に成長するのか・・・?
それが、いちばん心配でした。

「ブラジル行ったら、ブラジルならではのお稽古事させたいな~。
女の子だけど、サッカースクールなんてあるかしら
バレエもいいわね。本人やりたがってるし。」なんて思ってたのに
ここにはそんなのないし。それ以前に学校教育大丈夫なのかしら?
午前だけとか午後だけとか。。。


いちばん身近で頭が痛かったのがペドロのいとこアドリアーナ。
前の子供のしつけでも話したけど、娘レチシアのしつけだけではなく、
彼女のやることが「え?」の連続でした

我が家がこの家に引っ越してきて、アドリアーナがみんなで来たとき。
台所で誰もいないときを見計らって、冷蔵庫をあさって食べるんです。
1度や2度じゃないんですよ。
前の日の残り物の入った鍋を出して、勝手に温めて食べてたときは、
本当にびっくりしましたそのあと、空の鍋が台所の
シンクにポイって置かれてて
せめて一言、ちょっと食べちゃっていい?とかかわいく
言ってくれてもいいのに。

ブラジルは自由だから、こういうのも普通なのかなぁ?
もし、普通だとしても、私は絶対やらないし、グロリーニャにも絶対に
やらないようしつけたいです。


グロリーニャ、こんなんなっちゃったらどうしよう?
そのときは、そんな心配ばかりしてました。
ペドロに話しても「まあ、いとこだからさ。」と別にいいというような
返答。たぶん、私がいつも文句言ってたから面倒くさくなっていたんだと
思います。

私のガチガチな日本常識の枠には、アドリアーナのやることなすことは
どう考えても入らず、どうしても許せませんでした。
誰かに話したい。。。私がおかしいのか誰かに聞きたい。。。だけど、
誰にも聞けず。


他の親戚の方や友達はみんないい人達だけど、よくしゃべるブラジル人の
中では、私はやっぱりいつも浮いてました。みんなの中にいても孤独でした
だからといって、みんなの会話にも入りたいと思わないし。
気がつくと「あー今日も一人だなー」と考えるようになっていました。



昨年11月頃はホームシックピークで、ノイローゼになっていたのかもしれません。
ブラジルが好きになれないから、頑なに日本語を話し、グロリーニャが
「ママィン」と呼んでも、ポルトガル語なので無視したこともありました。
グロリーニャには、身近な同じ年頃の遊び相手は、アドリアーナの娘レチシア
だったので、「レチシアと遊びたいな~」と私によく言ってきました。
いつもレチシアがちらかしたものを片づけたり、嫌がらせをされるのにです。
私ももう頭がおかしくなってたから「ママ、レチシア嫌い
なんて絶対に言ってはならないことをぶつけてしまったことがあります。
ほんと、母親として最低。。。

そのとき、グロリーニャは言いました。
「ママ、レチシアはまだ小さいのよ。」
はぁっ

日本に帰りたい!帰る!という私に
「ママグロリーニャはママといつも一緒よ。」と。

涙が出ました
ママがこんなんですごく不安だったに違いありません。


「リオに大きな家を買ってビジネスをする。まずはワールドカップへむけて」
それが目標で日本で頑張ってきたのに、夢の1歩を踏み出して、私はどうしたら
いいのかわかりませんでした。そのときは、たぶん、日本に戻って、それまでと
同じく仕事と育児と家事に追いまくられる生活に戻りたかったんだろうけど、
ずっとそういうのもイヤで。自分で、どうしたいのかがわかりませんでした。
苦しくて、寂しくて、友達に長文の愚痴メール、弱気メールを送る毎日。
いい迷惑ですね。
それでも、友達はそんな私のメールにいつもつきあって励まし続けてくれました
「あなたなら大丈夫」「あなたには乗り越える力があるから
「あなたがしっかりしてるからグロリーニャも大丈夫
がんばれがんばれと。

みんなの励ましメールを読んでは泣き、メールしてすぐに返信がくれば、
あーーーつながってるんだとまた泣き。

両親、妹に会いたかった。友達みんなに会いたかった。
日本にいたときは、ちょこちょこっとメールで連絡しあうばかりで、
会うどころか電話さえもしなかったのにね。





何がしたいのか、どう生きたいのか、何が幸せなのか・・・
今までこんなに考えたことありませんでした。今もはっきり答えは出てません。
今言えるのは、あんなにホームシックになったのは、アドリアーナのせいでも
なんでもなく、自分の弱さから。

ペドロと結婚してまもなく丸15年になります。
日本での14年間の間にペドロに何度も言われました。
「ブラジルと日本は全然違う。だから、君と僕も全然違う。」
私はペドロが大好きだから、そう言われると悲しくて目をつぶってきてしまったツケ
がここで一気に出たんだと思います。
ブラジルの表面だけ見て、わかってるつもりになってて、実はペドロには
私の日本の生活に合わせさせていて、ずいぶん我慢させてきちゃったんだなーと。
そう思うと辛くて、自分が悔しくて、また涙がでました
若い時に親の反対を無視して、その時の勢いで国際結婚して、自分では
うまくやってきてると信じ込んでいました。


考え事ばかりして、泣いてばかりの私
ペドロが私に自分の国を嫌いにならないよういつもさりげなく気遣って
くれているのもよくわかりました。
ペドロの友達も親戚も心配して気遣ってくれているのもわかりました。
でも、なかなか真っ暗なホームシックから抜けられなかった。。。
何をしても心が暗かった

ホームシックの感情ってなんなんでしょうね。

・・・長いので、また明日に続きます・・・



応援クリックお願い致します。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


感じたこと | コメント:(4) | トラックバック:(0)2011/06/22(水)11:36

コメント:

無題

アドリアーナとレチシアの感じすごーーーく分かりますよ!
何故なら私の『元義理の家族』が家族全員そんな感じでしたからv-12


信じられないですよね!
私も3年我慢したけど耐えきれず絶縁させてもらいましたw


こういう人に囲まれてると、本当にブラジル自体を嫌いに
なって行ってしまう感じも凄く分かります。
こんなのはブラジルだからって非常識です。


私の周りの貧しく教育のない人たちだって普通に常識が
ある人達は「人の物を勝手に触ってはいけない」と知ってます。


グロリーニャは大人ですね!
すご~~~く良い子に育ってますね!
時々自己嫌悪に陥ったりするかもですが娘ちゃん立派に
育ってるから大丈夫ですよ!
そういう躾のなってない子は反面教師にするしかないですよね!


ペドロも日本で凄く頑張りましたね!
日本の常識は世界の非常識の場合もありますからね!
例えば、信号が赤でも車が走ってないのにじっと止まってる
のは日本人だけじゃないですか?
子供の頃「赤だと絶対渡っちゃダメ」って学校でも怒られた
けど、他の国の人からは「日本人は車が居ないのに何故ぼけー
っと止まってるんだ???」と不思議がられます。


pattinhaさんなら、これからもっともっと外に出て
ブラジルの良い所沢山見つけて行けると思います!!!

2011/06/22(水)21:14| URL | tina* #- [ 編集]

お気持ち、すっごくわかります

私も、こちらに越してきて数ヶ月からがきつかったです。
それまでは、なんとなく外国気分だったのが、
周りが少しずつ見えるようになって、
ブラジル人の夫の家族や親戚がいつも陽気にガヤガヤ集まっている中で、
「ここで生きていく」ってことに気づいた頃からですね。
つらくてつらくて、帰りたくて帰りたくて、
外を眺めると牧場が見えて、牛を見ては泣いていました。
空港にどうやったら行けるんだろう?すらわからなくて、
いい大人が一人ではなにもできないことにイライラしました。

私の場合、ラッキーなことに、
こちらに来て1年弱の頃、一時帰国する機会ができたのです。
なぜなのか、未だにわかりませんが、
その一時帰国で、計らずも、一気に吹っ切れました。
自分の中のなにかが変わりました。
それからは『まるで別人』と、夫にも言われたぐらいです。
その後、丸6年間日本に帰れませんでしたが、大丈夫でした。

自分が弱いから、と、がんばることも悪いことではないけれど、
もしもできるのなら、
短い期間でいいので、一時帰国される、というのは、いかがでしょう。
十人十色、人それぞれ違いますので、こればっかりはわかりませんが、
それでよい方向に変われたら、と思いまして。

私は先日、丸12年を超えました。
一回りです。
たまには、思いっきり自分を褒めてあげましょう。ね!

長々と、ごめんなさい。
ファイト!

2011/06/23(木)04:40| URL | TAMAGO #q8u6Mhi2 [ 編集]

Tinaさん、ありがとうございます!

Tinaさん、わかってくれます~?
Tinaさんの周りにもそういう人いたんですね。。。e-444
しかも、家族揃ってとはe-350恐ろしい。

私も、ちゃんと自信持って、この人はブラジルったって、
おかしいから、ほっといて、気にかけないようにすればいいのに、
自分がおかしいのか??といつまでもウジウジ考えちゃってねー。
自滅してましたe-443

あの頃は、ほんとダメでしたねー。
大嫌いなゴキブリが出るのもブラジルのせいでしたから(笑)
おいおいe-463日本にもいるだろーってね。

いつまでも、ペドロにぶらさがってないで、自分で外行かないと
ですね。グロリーニャのお稽古ごともあきらめないで、学校が
午前で終わるんだから、バス乗って、隣の市まで通うことも
できますしねe-287
がんばりますっe-271

Pattinhav-521

2011/06/23(木)10:20| URL | Pattinha #- [ 編集]

TAMAGOさん、ありがとうございます!

TAMAGOさんも、そんなにホームシックに陥ったんですねe-441
TAMAGOさんのブログは、楽しくて笑ってしまうことが多いので、
そこまでホームシックになったとは思いませんでした。
ほんと、1人では何一つできなくて、イライラします。
日本では、主婦業、ママ業、仕事にがんばってる自分にこれでも
プライド持っていたのに、今は何にもできなくて、いつも周りに
振り回されて1人で怒っててv-412

最初3か月だけ、ブラジル体験生活してこようと言って、こっちに
来たんです。その間に家買えたら買おうって。だから、中途半端な
気持ちできちゃったっていうのもあると思います。
1年間有効のオープンチケットで来たので、8月に一度日本に帰国
します。ワールドカップへ向けて、この家もまだまだリフォームが
必要で、その資金も無いので、またちょっと稼いで戻ってきます。
今度は日本の時間についていけなくて、泣いたりして。。。

でも、TAMAGOさんが一度帰国されてから、気持ちが軽くなったと
聞いて、私も気持ちが軽くなりました。6年帰らなかったなんて、
すごいですね!!!浦島太郎気分味わえますね。
そして、もう12年ですかー。。。
また良きアドバイスよろしくお願いしますe-466

Pattinhav-521

2011/06/23(木)10:44| URL | Pattinha #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »


プロフィール

Pattinha

Author:Pattinha
2010年8月、ブラジルへやってきました。カリオカの夫と5歳の娘とリオデジャネイロ州マリカ市に滞在中。
子供のころのあだながアヒルだから、Pattinha♡
口がアヒルみたいって。。。
ふん、ほっとけ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Flag counter

free counters

FC2カウンター

アクセスカウンター

オンラインカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。