スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

私が理解するには時間かかりそうなこと(長文)

今日もありえない話。というか、思い切り日本人の私には
理解できるようになるまで、まだ時間がかかりそうなことです

血縁関係がちょっと複雑でうまく説明できるかな。。。





ペドロの友達、パブロの話です。
ペドロとパブロは、20歳前後の頃からリオのCampo Grande市のある町に
住んでいて、そのときからの長いつきあい、いい友達です。

パブロは若くして結婚し、2人の息子がいますが、かれこれ10年ほど前に
離婚し、息子達は前妻と住んでいます。
前妻の名前はモニカ。息子はジョアン27歳とホドリゴ18歳。
離婚してパブロが家を出て、近所に住んでましたが、2年前に再婚しました
現在の奥さんはマリアという名前です。

パブロは8人兄弟で、1人の弟がリオのセントロに住む以外、他の兄弟姉妹全員が
結婚してもこの町に住んでいます。お父さんはずいぶん前に亡くなり、
お母さんはいちばん上のお兄さん家族と同居しています。
そう、全員が歩ける近所に住んでいて、普段からお互い行き来しているんです。

ジョアンとホドリゴも毎日のようにパブロの家に行くし、パブロも彼らに会いに
しょっちゅうモニカの家に行きます。ということは、モニカにも会うわけで。
実際、今モニカの家は増築中で、ジョアンとホドリゴが作業しているのですが、
パブロはよく手伝いに行ってます。



先日、パブロの家に泊まりで遊びに行ったとき、姪っ子さんの
バースデーパーティーがあるから一緒に行こうということになりました。
パーティーに到着すると、10歳位のかわいい女の子が、
「Pai(お父さん)」と言って、パブロに飛びついてきました。

「パッチーニャ、僕のFilha(娘)のエリーザだよ。」
と紹介されました。
「ん?」私、間違って聞きとったかしら?と思いましたが、間違ったのではなく、
本当にFilhaでした
どうやら、離婚したあとにお付き合いした女性との娘で、結婚はしなかったらしいです。
そして、そのエリーザとエリーザのママ(元カノですね)も近所に住んでるらしく、
パーティーが終わったあと、元カノの家にエリーザを送りに行ってました。

私にとっては、エリーザがパブロの姪っ子のいとことして、そのパーティーに
来てることも不思議だったし、パーティーの間もパブロの妹達もエリーザを姪っ子として
接してることも不思議な感覚でした。
確かにそうなんだけど。。。でもーー。

エリーザには1つ年上のお姉ちゃんがいて、彼女もこのパーティーに来てました。
彼女のパパはまた別の人とのことです。んーーー。


さらに。。。
先日、パブロの兄弟姉妹とその家族みんながお母さんの所に集まって
シュハスコをしたときに私たちも呼んでもらったときのこと。
もう誰が誰だかわかんなくなってたのですが、そこに来ていた2人は
異母弟妹ということをあとで聞かされました。
パブロのお父さんが外に愛人を作って、できた弟、妹とのことです。
うううーーーこれも私には不思議。
お父さんは亡くなってるけど、みんなの弟、妹として来る。。。
確かにそうなんだけどーーー。
パブロのお母さんはどう思ってるんでしょう???

そして、パブロの息子、ジョアン。彼には9歳の娘スエレンがいます。
結婚したかどうかはわかりませんが、すでに別れて、奥さんとスエレンは
別に暮らしています。だけど、やっぱり、近所に住んでいて、スエレンは、
ジョアンのいるモニカの家にも、じーちゃんであるパブロの家にもよく行き来してる
し、奥さんもモニカの家によく行ってるようです。



ここまで、状況がわかりますか?
すべて、1つの小さな町で繰り広げられてる人間関係です。
しかも、パブロの親子3代に渡り。。。



先日、その町の仲間何人かと、パブロのお兄さんの家の前にあるバーで
飲んでいました
そこにモニカが通りがかって、パブロのお兄さんと挨拶、何やらしゃべって
いました。

「あっ、モニカだ。モニカーこっち来て一緒に飲もうよ
ペドロや仲間達が声をかけると、モニカも加わり、みんなで楽しくおしゃべりして
飲んでいました。
そこへ、遅れて、パブロとマリアが到着

私は、そりゃぁもう日本人の感覚ですから、この状況、ヤバい!って思いました。
だけど、誰も気にしないし、私もみんなもすでにお酒が入ってたから、私も
気にかけませんでした(というより、気にかけないようにしました。)
そして、成り行きで、モニカの隣にマリア、その隣にパブロが着席

ごめん、やっぱり、私の感覚ではちょっとありえません。
理解できません。。。正直、ちょっと怖かったわ~


パブロはいつもよりおとなしく感じたし、モニカがマリアを気にかけて
話してる様子もわかりました。マリアもなるべく普通に振舞ってるようにしてるな
と感じました。




そんなパブロとマリア、先々月、結婚2周年記念のパーティーをしたんです。
親戚みんな集まって、私達もお邪魔しました。
あっ、さすがにモニカは来てませんけどね。
そこで、パブロとマリアが涙ながらにスピーチ。。。まあ、マリアはいいとして、
パブロのスピーチ。
「僕は以前はよくお酒を飲み歩くような、いい人間ではありませんでした。
でも、今はお酒を断ち、こうしてマリアと幸せです。これはマリアとみんなの
支えあって・・・。」というようなことを話してたみたいです。

だけど、私の中ではどうにもしっくり来ず。ごめんね、パブロ。。。
だってさー、今までも今までだし、たった2周年記念で涙???



みんな、口には出さなくても、過去にはいろいろあるものだけど、
ここまでいろいろあって(ありすぎ)、大っぴらで、全てがすぐ近所で、
何があっても、変りなくみんなに囲まれてるパブロって幸せだよなって
思います。
私がマリアの立場だったら、どうかなーーー。我慢できなそうだわ。

そういえば、この前パブロが「一夫多妻の国っていいねー
なんてペドロに言ってたな。。。
あーーー




もし、これが日本のある小さな町で繰り広げられたら。。。
近所の人の反応、どうでしょうね。。。

ブラジル、すごいな(いろんな意味で)



応援クリックお願い致します。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


ありえないこと | コメント:(4) | トラックバック:(0)2011/06/08(水)12:26

コメント:

ブラジルでは・・・

普通ですね笑

くま吉もお母さんが同じの5人兄妹で、その内お父さんは
3人です。
そんでお父さん側にさらに異母兄弟が3人居ますw
ここでは普通ですw

日本は血の事や理性や、世間の目を気にしますが
ブラジル人は理性はなく本能ですよね笑
「好きだから一緒に居る」「好きじゃないから一緒に居ない」
それでけです笑

元のお嫁さんの事とかも全然気にしないと思います。
みんな自分に自信を持ってるから「今一緒に居るのは私だから
愛されてるのは私」という自信があるのだと思います。
私の元旦那も、私と別れてさっさと他に子供を作りましたが
私も別に何も思わないし、ウチの息子達がパパの所に遊びに
行った時、その女の子は一緒によく遊んで面倒みてた様です。
電話で話した事もありますよー♪

日本から見たら常識を超えてると思いますが、
お誕生日にパパ、ママの所を好きに行き来出来たり、変な
わだかまりもなく「みんな家族」と仲良く出来るのは
素敵だなぁーと思いますけどね♪
まぁもっと考えろ、、、とももちろん思いますけど笑

2011/06/08(水)20:47| URL | tina* #- [ 編集]

Re: ブラジルでは・・・

Tinaさんからコメントもらって、ちょっと考えてました。

結局、これは「を楽しく生きるブラジル人の生き方」に通じるんでしょうね。そして、みんな自由で、人それぞれみたいなところありますからね。

日本人は先の先の、自分が死んだあとのことまで考えて心配しますよね。先のために、今頑張るとか、我慢する。。。みたいな。

それが、本能で生きるのと理性を持って生きるとの違いの一つですかね。。。?

パブロの場合、生活圏内がすべてこの町なんですよね。仕事も家族も。
で、パブロを囲む人たちもみんなそうなんですね、きっと。
だから、出会い、恋愛、結婚、離婚。。。すべてがこの町で、相手もそうだから、それが終わっても、相手がどうであっても、当然のごとく、お互いその町にいて、こういうことが起こるんでしょうね。でも、それも、みんな自分の家族に対する気持ちが強いからかな。。。

私もどんな事情があろうとも、関係なく、家族のつながりが強いのは本当に素敵なことで、ブラジルの好きな部分です。うらやましいです。何かあれば、みんなで助け合いますしねe-68
パブロもいつも自分の大切な人すべてに囲まれていて、羨ましいと思います。
でも、私は、人生、その町だけでずっと送っていくのは、ちょっとなーーーと思ったりもね。

うーん、やっぱり、いろいろ考えちゃって、難しいところですv-394

Pattinhav-521

2011/06/09(木)12:21| URL | Pattinha #- [ 編集]

一度、ブラジル人の女の子の誕生日会にて。参加50名程。
お酒が入って皆陽気な状態。
「私が本当に欲しい誕生日プレゼントは、bino!」
えって、僕はたじろぎました。
しかし、その後更に2度驚きました。
「ちょっと待った!binoは貴女には不釣り合いよ!私と
付き合うのが良いわ!!」
ええって、目が点になっていたら、その女性は誕生日の
主人公の娘の母親でした。そして、僕の正面に座っていた
オジサンはその元父親でした。
「もうこの人と別れたのだから私はフリーよ」
ってオジサンを見ながらの発言。

僕はトイレに行くふりして、バイクでそのbardinhoを
後にしました。

ブラジル人のパッションは凄いですね。
明日なんかどうでも良くて、今が楽しければ良いのです!?

2011/06/10(金)07:16| URL | bino #- [ 編集]

Re: タイトルなし

あはは~、binoさん、モテモテですねe-349

それにしても、すごいですねーe-451
そういう状況って、日本ではありえないですよね。
もう別れたから関係ないったって、それはそうだけど、
ブラジル人のパッションには負けますe-443


ほんと、今を楽しく、自由で、人目は気にせず、自分に自信ありで。。。
言い出したらキリがないけど、日本とは反対のことが多いですね。

ブラジルでは、一度も離婚せずに、ほかに子供も作らず、
ずっと同じ人と続いてるカップルって、いるにはいるけど、
少ないですね。
日本だって、みんないろいろあるけど、でも、ここまで、
みんなが知ってて、みんながそれを受け止めてるって
なかなかないですよねー。

だから、ブラジル人は年とってもみんな若いのかな~。

Pattinhav-521

2011/06/10(金)20:44| URL | Pattinha #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »


プロフィール

Pattinha

Author:Pattinha
2010年8月、ブラジルへやってきました。カリオカの夫と5歳の娘とリオデジャネイロ州マリカ市に滞在中。
子供のころのあだながアヒルだから、Pattinha♡
口がアヒルみたいって。。。
ふん、ほっとけ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Flag counter

free counters

FC2カウンター

アクセスカウンター

オンラインカウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。