スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

義父さんシリーズ - おまけ

義父さんが亡くなる前日、義父さんはいつものリオのセントロの病院に行ってました。
以前にちょっと話した心のケアの先生のところです。→義父さんシリーズ-病院の巻

2月頃だったかな。。。
義父さんが家から歩いて2、3分の湖まで散歩したいと言い出しました。
先生もよく「エリオさん、頑張って歩こう!お散歩して!」と
アドバイスされていたそうです。


よし!じゃあ、行こう!と4人で家を出たのですが、家を出てすぐ
義父さんは座り込んでしまい、「もう歩けない。。。」と。
結局そのときは行けませんでした。


その話をしたかどうか定かではありませんが、たぶん、外に行けるように
車いすを借りてきたのです。



でも、その次の日に亡くなってしまったので、一度も使いませんでした。



そして、亡くなってからしばらくして、セントロに行く用事があり、
病院に寄って、車いすを返却に行ったときのことです。

病院の門でいつもガードマンに「○○科の診察で」と言って、入れてもらって
たのですが、その日は「車いすの返却で」と言いました。

そうしたら、突然、ガードマンが何か言いながら、ニコニコ笑顔で
ペドロに握手を求めてきて。。。

「はぁ?何?どうしたの?」 と聞くと、

「車いす返却しに来たのが嬉しいみたい。」 だって。

え?それって普通じゃないの?
あ゛ーーー、すみませんまた「普通」と言ってしまいました。

みんな、使わなくなったとき、車いすなんてどうするんでしょう?
それに、それは病院の物だし!必要としてる人にちゃんと使ってもらうべき!
と思うんですが。。。だって、そうでしょ?


そして、担当の先生のところに返却に行くと、ペドロの心のケアとして、
そのとき診察(?というのかわかりませんが)でいろいろとお話して下さったそうです。
先生はそのあとも、それまで毎週金曜日、PCのTV電話で義父さんとお話して下さった
ように、つづけて、ペドロに連絡して下さるのでした。
なんて温かい。。。


これが、ブラジルの通常のやり方なんでしょうかね。。。?


応援クリックお願い致します。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


義父さん | コメント:(6) | トラックバック:(0)2011/07/17(日)10:55

«  | ホーム |  »


プロフィール

Pattinha

Author:Pattinha
2010年8月、ブラジルへやってきました。カリオカの夫と5歳の娘とリオデジャネイロ州マリカ市に滞在中。
子供のころのあだながアヒルだから、Pattinha♡
口がアヒルみたいって。。。
ふん、ほっとけ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Flag counter

free counters

FC2カウンター

アクセスカウンター

オンラインカウンター

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。