スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

義父さんシリーズ - 優しくなれなかった・・・の巻(長いです)

また義父さんの話、2月に戻ります。。。

義父さんは2月18日のバースデーにアヒルを食べたあとも、どんどん
食べなくなっていきました。
お水ばかり飲み、のどから胸が痛くて、食べ物が入らないと。。。
それでも「食べなくては」と思っているようで、私にごはんとフェジョンと
その日のおかずを一緒にミキサーにかけて欲しいというので、ドロドロの
クリーム状にしたりしていました。
でも、ほんの少し食べると手が止まり、どこか1点を見つめて考え事をするのでした。
それが、とにかく寂しかった。。。


3月に入ってカーニバル休暇をTia Izeldaのうちで過ごし、休暇が終わって
戻ってくると声がほとんど出なくなりました。


ある明け方、ペドロが1Fで物音がして目が覚め、義父さんの部屋に様子を見に行くと、
義父さんが頭を逆さに上半身がベッドからずり落ちた状態だったそうです。
どうやら、トイレに行こうと起き上がろうとして、うまく起きられずにそんな体勢に
なってしまったようでした。そこで、ペドロと相談して、何かあった時には呼んで
もらえるよう笛を渡すことにしました。
でも、それが失敗だった。。。

何でもないことでも、しょっちゅう笛を吹いて呼ぶようになったのです。
私のイライラが始まったのはこの頃からだと思います。


ペドロも他のことが手につかず、困ったね・・・と話していたら、義父さんが笛を失くしました。そして、ベッド脇のテーブルを叩いて呼ぶようになりました。
それが、すごい力なんです。
病気で弱っている人とは到底思えない近所にも響く大きな音

ガンガンガンガンガンガンガンガンガン

テーブルが壊れるんじゃないかと思いました。



そのテーブルを叩くのもひんぱんになってきました。
でも、叩く力はまったく衰えなかった。

私もイライラがたまってきて、3回に1回位は無視してしまいました。
そして、義父さんに声をかけることも減っていきました。
たぶん、義父さんには険しい顔をしていたと思います。



そして、夜中でも頻繁にテーブルを叩いて、ペドロを呼ぶようになり、
ペドロはもう何日も眠れないでいました。ペドロの顔が疲れていて、このままでは、
ペドロの方が倒れてしまうと、私はそればかりがとにかく心配で・・・
義父さんがペドロを呼べば呼ぶほど、私の中で義父さんが憎たらしくなっていき、
笑顔もなくなり、テーブルを叩いて、呼ばれていくと「O que!!!」と
半分怒り気味で応えるようになっていました。

反対にペドロは一生懸命でした。
文句1つ言わずに、義父さんがわけわからないわがままを言っても、なだめたり、
淡々とお世話をするばかりでした。
すぐにでも、日本に帰りたい気持ちを捨て切れずにいた私は、ペドロと義父さんを
このまま置いて、グロリーニャを連れて日本に帰ろう!と心をよぎるのですが、
とにかく一生懸命なペドロを見ると、こういう時に私達3人が絶対離れちゃいけない!
私は義父さんのことは何もできなくても、ペドロのそばを離れちゃいけない!と思うのと
同時にこんなに健気に頑張っているペドロが、とてもかっこいいと思ったし、
もっともっと好きになるのでした。





その日の夕方。
暗くなってきたので、ベランダ側のドアを閉めようと外を見ると、ベランダのハンモックで
寝ていた義父さんが、ハンモックの下で倒れていました
びっくりして、慌ててペドロを呼び、抱き起こしてイスに座らせると、顔色がさらに白く、
目がギョロッと少し飛び出たような表情になっていました。

「お父さん、なんかヤバい・・・」

ペドロが言いました。
お水を飲んで、ちょっと落ち着くと、病院に連れて行って欲しいと言ったので、
すぐに行くことに。
車で出て行きました。

。。。10分程すると戻ってきました。

「どうしたの?病院行ったの?」
「ううん。Maricáのセントロの病院に行こうとしたら、父さんが、そっちじゃない!リオのセントロの新しい病院に行きたいって言うんだ。行ったことない病院だよ。もう夜になっちゃって、このボロ車じゃリオのセントロのしかも初めてのところなんて行けないよ。
だから引き返してきた。明日の朝連れていく。」

なにやら、またわけわかんないこと言ってるんだなーと思ってました。

そのあと、ベッドで横になると、20分おき位にペドロを呼びました。

ガンガンガンガンガンガンガンガンガン

もう私はペドロが心配で仕方ないのと、この音と、わけわからないこと言うことと。。。
今までのことが沸々と湧き上がってきて、母親に愚痴のメールをしていました。
今夜、またガンガンやって、ペドロを寝かせないのなら、明日義父さんに
一言言ってやる
そう思ってました。
同時にTia Zildaやペドロの妹達に相談しようと考えてました。
早くしないとペドロが倒れちゃう!


その夜はペドロも一度ベッドに入ったものの、すぐにガンガンガンが始まり、1Fに行ったままなかなか戻ってきませんでした。
私はすっかり眠ってしまい、朝起きるとペドロは1Fにいました。そして、
まだガンガンガンと呼ばれては義父さんの部屋に行ってました。
どうやら徹夜だったよう。

「ちょっと横になった方がいいよ。」


そう言うと、ペドロはソファで横になり、すぐにスーッと寝入りました。
その直後にまたガンガンガン
もう!なんだよー!いい加減眠らせてあげてよ!!!
そう思って、ペドロを起こさなかったし、私自身も義父さんのところへ行かなかった。
いつもなら、しつこく、何度も叩くのに、このときは1回で止みました。

ん?さすがに義父さんも眠ったな。よかった。


・・・と思ってると、ペドロが10分位ですぐに目を覚まし、
「父さんは?」
と言うので、
「1度だけガンガンガンっていったけど、そのあと静かになったから、寝たんじゃない?」
と答えました。
でも、ペドロが様子を見に行って、すぐに部屋から出てきました。

「死んじゃった。。。」




へっ???
だって、さっきまで、あんなに強い力でテーブル叩いてたじゃない。
ガンガンガンって。
えっ?

すぐに2人で部屋に入って、「Pai!Pai!」と揺さぶりましたが、返事がなく。
代わる代わる、心臓に耳を当てましたが、何も聞こえませんでした。


ペドロは動揺しながらも、Tia達や義兄さん、義妹達に連絡をしました。



私は、それまで、病気で亡くなっていくときは、病院でいろいろな機器につながれ、もう寝たきりで何をする力もなく、話す力さえもなく、亡くなっていくものだと思っていました。でも、義父さんは、前日具合悪くなったけど、自分で歩いていたし、ちょっとだけど食べてたし、何よりもテーブルを叩く力は本当に強かった。たぶん、私よりも。
だから、どうにも信じられなくて。。。



連絡を受けて、Tia Zildaがすぐに駆けつけてくれました。
ペドロがシャワーをしていて、いなかったとき、Tia Zildaに謝りました。
「Tia、ごめんなさい。私、文句言ってたの。最後優しくできなかった。。。ペドロが倒れちゃうって心配で心配で」そう話している間にドワーっと涙が出ました。


私は義父さんが体が痛くて辛くて苦しかったのを、ぜんぜんわかっていなかった。
優しくなれなかった。
ごめんなさい。と言っても遅いですね。心のもやもやが残ったままでした。



義父さんは、とても苦しかったと思うけど、亡くなった顔は、なんだか
笑っているようでした。
その日、一気に親戚の方が来られて、次の日はすぐにお葬式でした。
そして、お葬式が終わるとまたみんな嵐のように帰って行きました。



あっという間の出来事で、みんなが帰ったあと、私は何もする気力がなく、しばらく、ぼーっと考え事をしてしまいました。どうして、義父さんは栄養剤の点滴をしてもらわなかったの?どうして入院しなかったの?胸が苦しいってずっと言ってたじゃない。よくわからないけど、何か機器をつけたりすれば、もっと生きられたんじゃないの?

ペドロに聞くと
「公立の病院でタダだからね。。。日本はお金払うから、精いっぱい治療してくれるんでしょ?」と。

そうか。。。日本は長寿国って言うけど、でも、それは、もしかしたら機械の力を借りての話かもしれないんだなーと思いました。結局は日本もブラジルも同じ人間、同じ体なんだなーと。
こればかりは本当に難しい。しばらく、いろんなことをたくさん考えてしまいました。


みんなが帰った夜、ペドロが言いました。
「ありがとうね。よくがんばってくれたね。Tia達もすごく感謝してたよ。優しくなれなかったって、自分を責めないで。父さんはああいう人だから、みんなもわかってるし、
君が頑張ってたのも僕もみんなもわかってるよ。本当にありがとう。」と。
どうにも複雑な涙が出ました。


考えてしまうことはたくさんあるけど、でも、このタイミングでブラジルに
グロリーニャを連れて行って、少しでも一緒に過ごせたことは、とても良かった
と思います。
私は義父さんのおかげで、親戚の人たちとたくさん会う機会ができたし、
お料理もたくさん教えて頂いたし、今まで私が知らなかったこと、考えもしな
かったこと、いっぱい勉強になりました。
気持ちが落ち着いた今は、感謝の気持ちでいっぱいです。


応援クリックお願い致します。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト


義父さん | コメント:(12) | トラックバック:(0)2011/07/16(土)12:36

«  | ホーム |  »


プロフィール

Pattinha

Author:Pattinha
2010年8月、ブラジルへやってきました。カリオカの夫と5歳の娘とリオデジャネイロ州マリカ市に滞在中。
子供のころのあだながアヒルだから、Pattinha♡
口がアヒルみたいって。。。
ふん、ほっとけ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Flag counter

free counters

FC2カウンター

アクセスカウンター

オンラインカウンター

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。