スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ブラジル人の楽器への憧れ

ブログに書きたいネタは山ほどあるのですが、また、昔のこと、思い出しちゃったので、ちょっとそのことも書いておこうと思います日本での話です


遡ること15年前。
日本に来たいと言っていたペドロをブラジルから呼び寄せました
当時はまだ結婚していなかったので、とりあえず、観光ビザでやってきました。
両親にもまだ紹介しておらず、実家に泊めることもできなかったので、外国人出稼ぎ労働者向けのボロボロアパートで半同棲生活となりました。
家賃3万、キッチン、シャワー、トイレ共同というところで、汚くてボロボロで、ペドロはよく「ファベーラの方がよっぽどいい」と言ってました。

今思うと、よくあんな所で生活してたなって思うけど、あの頃は結婚に反対された
こともあり、ただ2人一緒に普通に暮らせればどこでもいいと思ってただけでした。
いやー、若かったです。
そのときを考えたら、今では小さいことで文句ばかり言って、知らないうちに贅沢が身についてしまったんですね



そのアパートで、隣にトーマスという日系ペルー人が住んでいて、まったく日本語が
話せなかったペドロは、スペイン語を話す彼とすぐに友達になりましたそして、トーマスと共にいちばん初めについた仕事が解体業でした

朝早く、現場に向かう車に途中で拾ってもらい、みんなと仕事に行く毎日。
仕事はとてもきつそうだったけど、当時のブラジルのお給料の何倍ものお金を
もらえることで、ペドロは言葉がまったくわからない中、本当に頑張ってました



ある日、いつものように私が仕事をしていると、夕方、現場に行ってたペドロから、
私の会社に電話がありました
「今日ね、みんなと一緒に帰らないで現場に残ったの。そこから、1人で歩いて、
駅見つけたからそこにいるんだけど、迎えに来てくれる?」
「は?なんで、一緒に帰らなかったの・・・?ま、いいわ。駅名、アルファベットでも
書いてあるでしょ?なんて書いてある?」
「KA・GU・RA・ZA・KA」
「神楽坂?わかったもう少しで仕事終わるから、迎えに行くね。そこで、待っててよ」


何があったんだろう?
不安を抱えて、仕事が終わるなり、超即行で神楽坂の駅まで行くと、
ボロボロで汚い作業服姿で、ギターケースを抱え、ニッコニコご機嫌のペドロが
待っていました


「何?何?みんなに置いていかれたの?」そう聞く私の問いには答えず、
「見て!見て!このギターきれいでしょ?まだ新しいよ」と。。。
はぁ???



よく聞くとこういうことらしい。。。

この日の現場はお金持ちらしい大きなおうちで、全て処分するものばかりで、
全部を壊さなければならなかったかっこいいグランドピアノもあったんだけど、
それもハンマーなどで、ガーンッガーンッと打ち壊さなければならなかった。
それがどうにも心が痛かった。。。
現場の日本人スタッフが「全てゴミにしなきゃならないから、絶対に何1つ持って帰っちゃいけない。」と何度も繰り返していた。そこにペドロは、このギターケースを見つけた。中を開けると、きれいなギターも入ってる
。。。欲しい・・・欲しい・・・これがゴミになっちゃうなんて。。。



ということで。。。

「僕は今日ここから近い所に用事があるから、一緒に帰らない」と言って、
みんなが去った後、こっそり、そのギターをGetしてきたというわけです。
ギターはまったく弾けないけど、憧れがあったようで、本当に本当に嬉しそうでした
帰るとブラジルの国旗のシールを貼り、すっかり自分の物に。そのあと、めっちゃくちゃにジャンジャラ弾いたのはいうまでもありません

私は子供の頃、母の希望でピアノを長いこと習っていましたが、嫌いではないものの、
どちらかというとやらされてるという感じで、音楽には憧れ的な感情を持ったことは
ありませんでした。
ペドロは、何か楽器ができることに、特にギターに強い憧れを持っていたようです。


ブラジルでは、楽器に対する憧れって強いものなんですかね?
例えば、ピアノなんて、日本でのよくあるお稽古ごとの1つだけど、ブラジルでは、あまり聞かないですよね。楽器を楽しむというのは、ブラジルではまだまだお金持ちの人達のものなんでしょうね、きっと。。。


応援クリックお願い致します。
     ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


ブラジル社会 | コメント:(6) | トラックバック:(0)2011/07/03(日)12:27

«  | ホーム |  »


プロフィール

Pattinha

Author:Pattinha
2010年8月、ブラジルへやってきました。カリオカの夫と5歳の娘とリオデジャネイロ州マリカ市に滞在中。
子供のころのあだながアヒルだから、Pattinha♡
口がアヒルみたいって。。。
ふん、ほっとけ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Flag counter

free counters

FC2カウンター

アクセスカウンター

オンラインカウンター

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。